毎日同じじゃ楽しくないっ・楽しいこと見つけよう!


by you-to-you
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大人たちの役目

夏休みの楽しい思い出を台無しにしてしまう悲惨な事故が起こりました。
市民プールの吸水口に小学二年生の女の子が吸い込まれてしまったのです。
吸水口の網戸が外れていたそうです。

我が家の甥は六年生です。一人っ子なこともあり、たくさんの大人の目と手で必要以上に守られて大きくなりました。だけど、最近はちょっと独り立ち(?)、嬉しいような悲しいような気持ちです。車で移動することの多い我が家は、駐車場を利用する時、乗り降りの際の子供の突飛もないない動きが怖くて「手をつないで!」と甥を捕まえます。どこから車が出てくるか判らないし、とても危険だからです。でも、最近は「大丈夫(>_<)!」と、手をつなぐことを拒否。これには困ってしまいます、子供を持たない私は特に神経質ですが。。。
危ないことを経験して学ばせることも勿論大事なことだと思いますが、事故が起きてしまってからでは取り返しがつきません。事故って「防ぐことが出来る」ものも多いんじゃあないかと思うのです。今日の不幸なプールの事故も、管理側の責任は逃れられないことになるでしょう。吸水口が修理されるまで、遊泳を止めればよかったんじゃあないでしょうか。

たくさんの夢も未来も持つ子供たち。何歳まで、どれくらいの手助けが必要かなんて私には判らないのだけれど、大人の知恵と経験で大切にしてあげるのが役目だと思います。
楽しい夏休み、元気でいっぱいの思い出を作ってね、みんな☆

今日亡くなられた女の子のご冥福を心からお祈りします。
[PR]
by you-to-you | 2006-07-31 23:59 | 日々のこと

準備完了!

さてと、月が替わればお誕生日を迎える私。プレゼントを毎年くれるのは姉夫婦。
リクエストってしないんだけど、大概はピアスだとかのヒカリモノ。
大好きだしね♪うれしい(●^-^●)
で、これをリクエストなしにゲットするには、ちょっとしたさりげない前フリが有効。
f0086051_021913.jpg
このバッグは20年以上前、自宅近くの輸入家具などを扱う店でみつけた帆布のバッグ。
結婚した姉夫婦からのお誕生日プレゼントです。お店に行くたびに欲しいな、と思っていたものです。当時、1万円近くした記憶がある。まだ働いていなかった私には勇気がいる買い物だったし、プレゼントに貰ったときは本当に嬉しかった思い出の品です。丈夫で破れたりすることもありません。色落ちもなし。型崩れもないし、本当に使いやすいのです。「こんなん、幼稚園のカバンやんか、変なものが欲しいんやな」と言いながら買ってくれました。途切れなく時々に使っている私を見て、「物持ちええなあ」と感心されています。でもね・・・・これって姉夫婦にはとっても嬉しいことみたい^m^こんな年齢になってもお誕生日プレゼントは必ずくれるんです。さ、今年もさりげなあく彼らの目につくとこに置いてみよっと♪
今年はなにかなあ、いつになっても嬉しいお誕生日です。年を重ねることなんかなあ~んでもありませんわっ(激しく負け惜しみ)

女性の年齢は、見た目がその人の年齢である。バルザックは言ったとさ。大賛成!
[PR]
by you-to-you | 2006-07-25 00:20

ショッピングの女王

言われるんですよね、時々。中村うさぎに似てるって。。。

ちゃうちゃう(~_~;)
今日の私は、またもやお医者さんへ。やめると誓ったドクターショッピング。あちこちで私を心配する友人、知人が口を揃えて薦める評判のお医者さんへ行きました。
永らく続く咳、マシになったとはいえまだ食事に出かけたり美容院へ出かけたりは気が引ける症状です。たしかに長い・・・で、意を決してこれが最後と名医の診察を受けに参りました。降り続いた雨もようやくやんで、今日はなんて暑いんだ( ´・Θ・`;)ヒーヒー。

レントゲン検査の結果は、なな、なんやてえっっっ!!!!?
逆流性食道炎
ストレスですねえ、思い当たる節は?(ありすぎやっつうねん)
胃がバンバンに張っています。(咳で筋肉痛だと思ってたやん)
胸焼けしませんか?(朝方、圧迫感で目が覚める、これがそうだったんか)

ん?ほんでなんで咳がでるのさ、先生。

胃酸が分泌過多となりそれが食道、気道を逆流して上がってくる、その酸が粘膜を侵し炎症を引き起こしてるんだとさ。だからせんど飲んでた「咳止め」なるものは効果なし。また違うお薬を2種類処方されました(小さい玉だしよかった)。まず、胃酸をおさえること、でもそれより大切なのは「胃酸を分泌させているストレスを取り除くこと」ときつ~~~~く言い渡されました。難題です。

ああ、宝くじ・・・当たりたい(:_;)あ~んど、これが最後の診断となりますように。
[PR]
by you-to-you | 2006-07-22 14:08 | 日々のこと

どちらも正。

サヤカとピース。
どちらも、障害を持って生まれ、だけどとても逞しく生きています。
違った形の「愛情」を受けて。

サヤカの生活する高崎山は自然公園です。たくさんのお猿さんたちは飼育されてはいません。ここでは訪れる人々の案内役などを兼ねた「監視員」さんたちのお世話になります。あくまでもお猿さんたちは野生のお猿さんとして「監視」をされているだけなのです。
サヤカは去年、人間でいえば「高齢出産」の初産を迎えました。手が生まれつき不自由なサヤカは、難産の末産まれた我が子を抱き上げることができませんでした。このままでは赤ちゃんが死んでしまう。だけど、この出産を見守った監視員さんたちは決して手を貸すことはないのです。野生の動物の生態である以上、人間が手を貸すことはしないのがここでの暗黙の決め事です。「サヤカ、抱かんかっ!」と言う監視員さんの声が響きます。これが精一杯の手助けなのです。涙が止まりませんでした。でも、苦渋のそして例外的な処置が取られました。心を鬼にした監視員さんが、サヤカを威嚇したのです。出産直後のサヤカの母性を利用しました。監視員さんに威嚇を受けたサヤカは「子供を守る」ために、不自由な手を伸ばして子供を胸に抱え上げました、そして仲間の待つ山へ消えて行きました。出産で使い果たした体力で、そして子供を胸に抱いて。

だけど、翌日いつものように山を降りてきたサヤカは一人でした。赤ちゃんはいません。
監視員さんたちは「これでよかったんだろうか」と今も考えるそうです。

反して白熊ピースの暮らすのはとべ動物園。ピースはここで産まれました。だけどピースのお母さんは育児放棄。ピースは飼育員さんやたくさんのスタッフの手で、暗中模索の難しい人工飼育によって立派に大きくなりました。赤ちゃんピースは自分のことを人間だと思っているようです、飼育員さんに甘え、叱られ、褒められて、その成長ぶりは笑い泣きの連続です。

今年も生死の境をさまよう病気をしたものの、スタッフの努力によって元気になり、動物園のアイドルとして元気な姿をみせています、よかった♪

さて、サヤカとピース。正反対の環境で生きる。彼らの胸の内は私にはわからないけれど、きっと幸せだよね。世の中は人間だけが作って生きているんじゃない、文字や数字でのお勉強が全てじゃない。私が知らなかったことがいっぱい。監視員さんと飼育員さん、その他のスタッフの方々。世の中にこんなキレイな心の人がいるんだろうか、と思うばかりでした。きれいごとや、楽しいことばかりじゃ成り立たない人生だけど、弱いものいじめや自分の子供を殺す大馬鹿悪魔たちと同じ人間であるということすら信じられません。

ああ、なんか時々私のアタマにも血が廻る時間があるんだわね~~。
と、雨の休日、ぼやっとグダグダ(T_T)
[PR]
by you-to-you | 2006-07-17 10:50 | 日々のこと

参りました!

あづい~(-m-*)東向きのベランダの我が家、この季節は朝っぱらから太陽の恵みたあっぷりの恩恵にあずかります。いやおうなく早起き・・・・

でもって、お掃除でも♪♪♪と、整理を始めたらどこからか薄っぺらなタウン誌がでてきました。お得なクーポンが満載?お得?なになに??(お掃除中断)

とある整体院が一周年記念25%オフのキャンペーンをやっていました。先日来の苦しい咳ですっかり身体がバリバリに凝っていたところです。一時間の施術で3750円、これはかなりリーズナブルです。さっそく電話で予約を取り、掃除機もほったらかし、整理のために開けたクローゼットもそのままにお出かけです。
本格気功整体サロン エナジーヒーリング癒康庵(いこうあん)
冷たいおしぼりと、グリーンティーをいただきながら簡単な問診表を記入しベッドへ。BGMは何故かオペラ・・・・大丈夫か???

ここからしばし意識遠のくm(__)m

ま、結果は大変気持ちよく、身体もウソのように軽くなったわけです(~_~;)先生はお若く物静か、私の身体の悪いところを的確に指摘、説明してくださいました。仕事柄、不自然な姿勢をすることが、歪みや張りを助長しているとのことでした。ストレッチを日常欠かさない、という簡単なことでかなり苦痛が和らぐと教えていただきました。(何も言ってないのに日常の姿勢、言い当てられビックリ!)最後に胃に「気」を送っていただいたところ胃がゴロンと音をたてて動いた。よくテレビで大先生のの気功で大げさにぶっ倒れるお笑い芸人見るが、意外とホントかも、と思った今日の施術でした。見えない力、信じてしまう、う、う(T_T)
[PR]
by you-to-you | 2006-07-15 22:22 | 休日

脱いでもスゴいんです!

年一回の琴の演奏会に出るため遠い自宅から地元京都へ帰って来た友人。前夜は最後の下合わせです。明日へ向け準備は万全!のはずだった…なのにε=ヾ(;゜ロ゜)ノ着物忘れて来たあ~っっ、だとお?!
はい、この時間、もうどうしようもありません、自暴自棄になり出かけた京都先斗町のとあるカウンターにて。あまりの荒れ方と落胆ぶりに、そこのおかみさんが一肌脱いでくださる事に。いや、一肌でなく、まさに全部脱いでくださったのです。仕事着ですがよければこれを、と着ている着物を脱いでお貸しくださったのですう~(泣)この冷えきった殺伐とした昨今、こんな暖かい展開があるとは本当に感激でした。美人でおしとやか、だけど太っ腹!このおかみさん、なんと陶芸もなかなかの腕でお店で使うものはおかみさんの作だそうです。素敵です。ホンマに‘スゴい!’ありがとうございましたあ(^з^)-☆
[PR]
by you-to-you | 2006-07-11 12:22
健康体が唯一の自慢だったのに、信じられないくらい長引く咳に、さすがの私もアレコレ考えこんでしまった一ヶ月。セカンドオピニオン、サードオピニオン、これって患者が自分の身体を知り、そして健康を自分で守るにおいて大切なことであります。実際、私も現在まったく「シロ」な身体ではないけれど、納得できる診断をしていただき自分が信頼できる先生に回り逢って経過を観察している病気も持っています。

し、しかしこの度の気管支炎と呼ばれる症状。。。これはマイッタ( ´・Θ・`;)
内科を2件、そして耳鼻科を1件。内科では投薬中心の治療。大量の内服薬です。これもなかなか効果なく、二度三度と処方を変えていただきました。それでも一進一退、ついに受診科を変えて耳鼻科に行ったところ、な、なんと!!!今まで飲んでいた咳止めその他は飲まないようにと言われました。こちらでは投薬はナシ、ネブライザーと呼ばれる吸入療法をしばらく毎日(!?)続けるよう指示されました。鼻から細ーいスコープを挿入して診察していただいた結果です。咳は異物を排除する反応だから出すように、ですって。苦しいね~~~~ん!!!止めて欲しいね~~~ん!!!

こうも真反対の診察結果だと、もう迷うばかり。数時間とは言え効果のある咳止めにやっとたどり着いたんだけどなあ・・・やめる自信がありません。「日にち薬」、これが本当ならばいいんだけれど(-m-*)

追記:病気ネタばかりやん、最近。もうやあ~めたっと(>_<)
[PR]
by you-to-you | 2006-07-04 14:05 | 日々のこと